Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バトミントン女子 団体ユーバー杯 37年ぶりの優勝!

公開日: : 未分類

5月26日女子バトミントン、国地域別対抗戦ユーバー杯で、
開催国のタイと戦い3勝0敗で快勝しました。

なんと37年ぶり6回目の優勝です。

 

シングルス・ダブルス交互に戦い、3勝したほうが優勝です。

試合結果の記事で、対戦相手が省略されているのが、
多かったので少し調べてみました。

第一試合 シングルス

日本 山口茜 世界ランク2位
タイ インタノン 世界ランク4位

第一ゲーム 21-15
第二ゲーム 21-19

2ゲーム連取で1勝

第二試合 ダブルス

日本 福島由紀・広田彩花組 世界ランク2位
タイ ジョンコパン
プッティタ (世界ランク106位)

本来のペアジョンコパン/ラウィンダは
世界ランク8位

第一ゲーム 21-18
第二ゲーム 21-12

2ゲーム連取で2勝目

第三試合 シングルス

日本 奥原 希望  世界ランク9位
タイ ニチャオン 世界ランク11位

第一ゲーム 21-12
第二ゲーム 21-9

2ゲーム連取で3勝目

以上が結果ですが、全ゲーム一つも落としていないとは驚異の結果ですね!

ダブルスの試合は、相手が急造ペアの為、本来のペアであったら
少しゲーム内容は変わったかもしれません。

しかし、本当に強くなったバトミントンですが、こんな歴史もあったようです。

 

以下引用

1960~70年代に当時世界一を決めた全英オープンで湯木博江がシングルスを4度制し、ダブルスでは相沢マチ子、竹中(現姓栂野尾)悦子組が3度制覇。日本は60~80年代にユーバー杯を5度勝ち取った強豪だったが、その後は中国の台頭もあって低迷が続いた。

しかし2004年アテネ五輪後に招いた韓国出身の朴柱奉(パク・ジュボン)監督が世界で戦うための精神力、技術を植え付けたことでチーム力が上がった。世界一奪回で再び黄金期を迎えたことを強く印象づけ、20年東京五輪に弾みをつけた。 (共同)

引用元
日本女子 37年ぶり世界一 バドミントン・ユーバー杯
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201805/CK2018052702000121.html

 

強くなった要因としては、やはりパク・ジュボン監督の指導力が、
あってのことでしょう。

先日ラジオでバトミントン選手がこんな発言をしていました。

以前のバトミントンのイメージは、会社のお昼休み楽しむ程度で、
軽く打ち合うという感じだったのですが、今これが変わりつつあるようです。

ラリーをしてスマッシュを決めるという風に変わってきていると。

公園などで見ていると、確かにバシバシ打っている姿を見かけます。

これから増々メジャースポーツになっていきますね!

そして、東京五輪に向かってさらに頑張ってください。

ガンバレ日本!!!

関連記事

ケンドーコバヤシ 交際自ら発表 驚くアンガールズ田中はどうする?

ケンドーコバヤシさんが、交際を自ら発表しました。 以下引用 お笑い芸人のケンドーコバヤシ(4

記事を読む

森泉 女の子出産 気になるリフォーム中の家の行方 結婚の相手は?  

モデルでタレントの森泉さんが出産しました。   以下引用 森は「この度、2632

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

『世界の果てまでイッテQ!』『世界で一番盛り上がるのは何祭り?』デッチ上げ? そんなに悪いことですか?

『世界の果てまでイッテQ!』の宮川大輔さんの『世界で一番盛り上がるのは

オードリー若林正恭 南沢奈央9月破局 報道が速かったのはどのメディア?

各報道メディアがオードリー若林正恭と、女優南沢奈央との破局を報道しまし

「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦」10月14日放送 大村公園のボラに対して苦言!

テレビ東京10月14日放送の「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦」で

ムロツヨシ ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』『今日から俺は!!』 ギャップの差が凄すぎる!

現在ムロツヨシさんが、全く正反対の役を演じています。 ムロツヨシ

『下町ロケット』気になる出演者達 強烈なインパクト軽部真樹男 役は、21世紀の石原裕次郎を探せで芸能界入り

『下町ロケット』のネット上の評価が、分かれているように感じます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑